いもジェンヌの出荷始まる

いもジェンヌの出荷始まる

新潟市西区で作られるブランドのサツマイモ、「いもジェンヌ」の出荷が始まりました。
猛暑への対策もうまくいき、上々の出来だということです。
新潟市西区の選果場に運ばれてきた「いもジェンヌ」。
水の管理を徹底することで、猛暑や雨不足の影響も少なく、生育は良好だということです。
いもジェンヌは、新潟市西区にある海沿いの砂丘地、もともと葉タバコ畑だった場所を活用して作られるサツマイモです。
収穫からおよそ1か月間は、低温倉庫で寝かし、甘みを引き出すということです。
JAによりますと、2018年は、2017年を上回る368トンの収穫を見込んでいて、およそ9割が県内に、残りは関東などに出荷されるということです。


関連記事

おすすめ情報

BSN新潟放送の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

新潟 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索