最新の釣り具を集めた県内最大級のイベントが新潟市で15日から始まり、会場は多くのファンで賑わいました。

朱鷺メッセで開幕した年に一度の釣りの祭典、「にいがたフィッシングショー」。
釣り具メーカーなどおよそ100社が出展し、釣り竿やリールなど最新の釣り具を展示・販売しています。

「去年も来たんですけど来場者が去年より多いと思う」(来場者)
「わくわくする商品に出会ってほしい ますます釣りを楽しんで興味を持ってもらえたらいいなと思う」(出展者)

会場では釣り竿の試し投げもでき、来場者は実際に手にして重さや使い心地を確かめていました。
さらにインストラクターによる講演や限定価格でのグッズ販売なども行われ、訪れたファンは目を輝かせていました。

「いろいろなものをみていっぱい買って帰ろうかなと思う」(来場者)

このイベントは16日も開かれ、2日間で2万人の来場を見込んでいます。