新型コロナウイルスの影響で27日、4か月ぶりの公式戦を迎えたサッカーJ2アルビレックス新潟は甲府と対戦しましたが3−3のドローとなりました。

無観客の中4か月ぶりに再開したJ2リーグ。アウェイに乗り込んだアルビは前半19分渡邉新太がネットを揺らし先制します。幸先の良いスタートを切りますが甲府のドゥドゥに続けさまに2得点を奪われ逆転を許します。前半終了間際アルビは渡邉が再びシュートを決め同点に追いつきます。さらに後半36分に途中出場のシルビーニョが逆転のゴールを決め3−2に。しかし終了間際に甲府に押し込まれ結果は3−3の引き分けとなりました。

【アルビレックス新潟 アルベルト監督】
「試合を支配できていない時間帯もあったのでそこは改善していきたい」

【アルビレックス新潟 FW渡邉新太選手】
「(次節は)ホームなのでしっかり勝たなければならないし、きょうの引き分けをしっかり次につなげられるように」

次節はホームで金沢と対戦です。