ディー・エヌ・エー(DeNA)は2月5日、2020年3月期に、05年の上場以来初の最終赤字になる見通しだと発表した。要因は主力のゲーム事業の収益悪化で、493億円の減損損失を計上したためだ。19年4〜12月期の赤字は501億円に上る。

 この発表を受け、翌6日、株価は一時10%も下落。市場が懸念したのは、減損処理の大半がヒット作が出ず、16年に清算した米ゲーム関連企業エヌジーモコののれん代だった点だ。

「DeNAはIFRS(国際会計基準)を採用しており、のれん代は定期償却の必要はなく、収益悪化時に減損処理をすればよいので、違法性はない。ただ、市場は他にも価値を見直していない不稼働資産があるのではないかと疑念を持っている」(大手証券会社幹部)

 99年創業のDeNAは、携帯電話などで参加者が交流しながら遊ぶゲームサイト「モバゲータウン」の大ヒットで急成長、13年3月期に連結売上高が2024億円に達した。

「『ガチャ』など、熱心なユーザーのアイテム購入で収益をあげていた。だが、スマホへの移行が進むに連れ、ユーザーはゲームサイトからアプリへ流れ、ビジネスモデルが崩れていったのです」(証券アナリスト)