「今でしょ」ブレイクから6年 林修先生はなぜ“消えない”のか

人気の秘訣は“いい意味での素人感”

 今は高学歴で博識のタレントも多いが、なぜ“素人”の林ばかりがモテるのか? 民放の番組関係者が指摘する。

「大手芸能事務所が早くから契約し、売り出したこともあるが、なんといっても『大学教授』ほど厳めしくない『予備校講師』という肩書きが絶妙。知識を教え込むスペシャリストだけあって、説得力を醸し出す話術はタレントはだし。講師を始めた頃、生徒を惹きつける話術を学ぶために落語を聞き込んだという経験も活きているのでしょう。口角から唾が飛び出しそうな熱っぽさも、いい意味での素人感の演出に一役買っている」

 林の信条は「勝てる場所で誰よりも努力する」だという。己の強みを知り尽くした上での、見事な売れっぷり。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年2月21日号)


関連記事

おすすめ情報

文春オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索