2020年春の朝ドラ「エール」の古関裕而は「戦時下最大のヒットメーカー」だった

 2020年春にはじまるNHK連続テレビ小説「エール」の主人公のモデルに、作曲家の古関裕而とその妻・金子が選ばれた。


「エール」で主演をつとめる俳優の窪田正孝 ©時事通信社

 古関裕而? ああ、「紺碧の空」「六甲おろし」「闘魂こめて」「栄冠は君に輝く」「オリンピックマーチ」などの作曲家か。なかなか大物じゃないか――。各種の報道をみて、そう納得したひとも多かっただろう。それはまったく間違いではない。

 だが、古関には「あまり紹介されない一面」が存在する。それは、かれが軍歌作曲の名手であり、戦時下最大のヒットメーカーであったという部分である。

 これは誇張でもなんでもない。きっと、知れば知るほど「朝ドラでどう処理するのだろう……。NHKは軍歌をジャンジャン流すのか?」と心配になってくるはずだ。

 そこで以下では、古関と軍歌の、切っても切れない関係を掘り起してみたい。

戦時下のヒットチャートで1位を獲得

 まずは、太平洋戦争たけなわの、1943年8月から1944年8月までのレコード販売枚数をみてみよう。これは、いわば戦時下のヒットチャートである。

(1)「若鷲の歌」(日蓄)、23万3000枚

(2)「轟沈」(日蓄)、8万1000枚

(3)「索敵行」(日蓄)、6万5000枚

(4)「大航空の歌」(日蓄)、5万枚

(5)「別れ船」(大東亜)、4万3000枚

(6)「暁に祈る」(日蓄)、4万1000枚

(7)「空の神兵」(日響)、3万3000枚

(8)「大アジヤ獅子吼の歌」(富士)、2万6000枚

(9)「唄入り観音経」(富士)、2万4000枚

(10)「学徒空の進軍」(日響)、「月月火水木金金」(大東亜)、「大航空の歌」(日響)、「荒鷲の歌」(日響)、2万2000枚

 この時期は、国策会社によってレコード販売が一元的に管理されていた。そのため、このような数字が明らかになっている。なお、日蓄はコロムビア、日響はビクター、大東亜はポリドール、富士はキングレコードの当時の称だ。

 このうち古関の作品は、1位の「若鷲の歌」と6位の「暁に祈る」。合計すれば、27万4000枚にものぼる。

 ほかにも2曲ランクインしている作曲家がいるものの、古関の数にはとうてい及ばない。これだけでも、かれが戦時下のヒットメーカーだったことがわかるだろう。


関連記事

おすすめ情報

文春オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索