マツコも認めるIKKO 57歳で再ブレイクの秘訣は“許す力”

“オネエタレント”としても人気を博した美容家・IKKO(57)が、思わぬ形で再びお茶の間を賑わしている。


書家としての顔も持つ

「一時のオネエブームは凄かった。ダンサーの真島茂樹、華道家の假屋崎省吾ら、各分野のオネエたちが出演する『おネエ★MANS』(日テレ系)が始まったのが06年。IKKOも出演者の1人として知名度を上げた。しかしマツコ・デラックス(46)は別格として、ブームはやがて下火に。IKKOもテレビ露出が減り気味だったが、ここにきてまたバラエティー番組への出演が増えている。自前の和服でバッチリ決め、『どんだけ〜』のギャグも健在です」(放送記者)

 最近はメイク&トークショーの開催や化粧品のプロデュースなど、“美のカリスマ”としての本業に重きを置いていたIKKO。“再ブレイク”のきっかけは、お笑いコンビ・チョコレートプラネットの松尾駿(36)だった。

「チョコプラは長田庄平(39)の和泉元彌、松尾のIKKOというものまねを武器に昨年急浮上。松尾についてはIKKOも“公認”し、和服をプレゼントするほど。共演も増えています」(同前)


関連記事

おすすめ情報

文春オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索