「週刊文春」2月13日号 が報じた、女優の鈴木杏樹(50)と俳優・喜多村緑郎(51)の不倫。鈴木は2013年に夫と死別していたが、喜多村には2013年に結婚した元宝塚歌劇団宙組トップスター・貴城けい(45)という妻がいた。

 当初は「鈴木杏樹は50代の大人同士の恋愛」「あの年齢でまだ恋ができるなんてうらやましい」という意見も聞こえていた。「週刊文春」1月30日号で報じられた俳優・東出昌大(32)と9歳下の女優・唐田えりか(22)との不倫と比べると、批判の声は驚くほど少なかった。しかし、2月6日に鈴木杏樹が発表した謝罪文によって世間の風向きが変わる。


夫で駿河台日本大学病院勤務の外科医だった山形基夫さん(享年56)の通夜で、喪主をつとめた鈴木杏樹(2013年2月13日)©時事通信社

〈今年に入って、お相手から独り身になるつもりでいるというお話があり、お付き合いを意識するようになりました。

  しかし、まだお別れが成立していない現状、今回の軽率な行動を真摯に反省し、今後皆様にご迷惑をお掛けすることのないよう慎みます〉

 この謝罪コメントに対して、芸能界からも批判が相次いでいる。

「すべてを台無しにしてしまった」(山路徹 「ゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜」TBS系・2月7日放送)

「貴城さんが傷つく」(田中みな実 「サンデー・ジャポン」TBS系・2月9日放送)

「私が妻だったらって考えると許せない」(西川史子 「サンデー・ジャポン」TBS系・2月9日放送)

 なぜ鈴木杏樹の不倫は当初「許され」、どうして「許されなくなった」のか。脳科学者・中野信子氏に聞いた。

謝罪文が招いた共同体の「サンクション(制裁行動)」

 杏樹さんの不倫に対して、世間の反応はかなり穏やかでした。芸能人の不倫に対して過剰に責めたてる最近の風潮を考えるとかなりめずらしいケースです。しかし2月6日に発表された杏樹さんの謝罪文でその空気は一変しました。杏樹さんへのバッシングが急加速してしまったように見えます。その理由は、謝罪文が共同体の「サンクション(制裁行動)」のスイッチを入れてしまったからです。