コロナ前に収録したと思われるテレビ番組を観ていると、心が勝手に「うわぁそこ近づきすぎ〜」「散らばって!」とざわざわしてしまう。コロナウィルスが無事収束したとしても、この感覚だけはずっと残ってしまうのではないかとふと不安になります。

 以前は何も感じなかったことが、今はとても気になってしまう。昔は何も考えずに楽しく観ていたバラエティ番組をあらためて観てみると「これはない」とドン引きしてしまったり。それは自分自身の変化なのか、社会の変化なのか。「昔のテレビは自由で良かった」という方もいますが、その「自由」というのは割と多くの人の「不自由」によって支えられていたんじゃないかなと思うとすごく怖い。ノスタルジーに酔いながら都合よく記憶の改ざんしていた方が、そりゃ楽だよなと思います。

ものすごい批判を浴びた岡村隆史さんの「回答」

『岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)4月23日の放送で、リスナーからの「コロナの影響で風俗に行けない」というお悩みに答える形でパーソナリティの岡村さんが出した「回答」がものすごい批判を浴びました。

「コロナが収束したら絶対面白いことあるんですよ。なかなか苦しい状態がずっと続きますから、コロナ明けなかなかの可愛い人が、短期間ですけれども、美人さんがお嬢やります。短時間でお金を稼がないと苦しいですから」

「コロナ明けてからの3ヶ月は『え? こんな子入ってた?』っていうような人たちが絶対はいってきますから」

「3ヶ月の間、集中的に可愛い子がそういうところでパッと働きます。それでパッと辞めます」

「そのために、仕事ない人もあれですけど、切り詰めて切り詰めて、その3ヶ月のために歯を食いしばって踏ん張りましょう」


『岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送 公式サイトより)

 深夜ラジオもアプリでいつでも聴けてしまう時代。そうでなくても炎上傾向の高いオールナイトニッポン岡村発言はネットニュースに取り上げられることも多く。しかし今回は今までのボヤを遥かに凌ぐ大炎上となり、ニッポン放送が番組公式サイトで謝罪、岡村さんの所属事務所である吉本興業が自社公式サイトで「30日深夜の同番組であらためて謝罪する」と発表。30日の放送では2時間丸々を謝罪にあて、また番組途中からは矢部浩之さんが登場し、相方としての苦しい胸の内を語りました。