「なんか早いような、遅いようなという感じですね。まだ、けんが亡くなったっていう感じがしないんですよ。今日で1カ月半くらい経ちますが、まだね。亡くなった実感がない。テレビの追悼番組なんかで再放送を見ると、余計にね……」

 新型コロナウイルスによる肺炎で3月29日に亡くなった志村けん(享年70)。日本中に激震が走った国民的コメディアンの死から1カ月半が経った。その後もコロナとの闘いが続くなか、志村の実兄・志村知之氏(73)が納骨を前に現在の胸の内を「文春オンライン」に語った。


志村けんの実兄・志村知之氏 ©文藝春秋

「けんの愛犬は知り合いの元に……」

 昭和、平成、令和と時代を超えて、日本のお茶の間にコントで笑いを届けてきた志村。天国へ旅立ってからも「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)、「志村友達」(フジテレビ系)と“志村”の名前が入った番組は放送を継続中だ。そして、5月1日にはNHK連続テレビ小説「エール」に作曲界の重鎮として初登場。“役者・志村けん”の放送回の平均世帯視聴率は21.2%を記録し、これは同ドラマ2位タイとなる高視聴率だった。

「NHKの『エール』にけんが出たけど、すごかったね。コントのときとは違って貫禄があった。出演していたのは1分か2分ほんのちょっとなんだけど、いい演技やってましたよ。正月に会ったときも『今度、朝ドラに出演するんだよ』と、けんは嬉しそうに話していました」

 兄の知之氏は、ドラマで見た在りし日の志村の姿を思い出しながら何度も頷いた。

 5月16日には志村が亡くなって四十九日を迎える。新型コロナウイルスへの感染防止の観点から生前の面会も叶わず、親族は棺で眠る志村との対面だけでなく、火葬にも立ち会うことができなかった。しかし、志村はまもなく、東村山市内にある両親と同じお墓に眠るという。