襟を正してテレビの前に座るのは、波乱万丈の展開が待ち受ける後半戦から。

 そんな朝ドラに対してのスタンスを、放送開始から1カ月の「エール」に変えられてしまった。

 なんたって志村が出るのだから当然だ。


志村けんさん

 5月1日。いつもより早めに朝食を取り、食器を食洗機に放り込み、洗濯機を回し、7時50分にソファに着席して第25話を見るべくテレビをつける。「志村けんさんは3月にお亡くなりになりました。謹んで哀悼の意を表します」のテロップと共に志村けんのクレジットが出るだけでグワッとこみ上げてきた。

凄まじい威圧感を放出する志村

 第25話は、関内音(二階堂ふみ)と共に初の演奏会に臨む古山裕一(窪田正孝)の行方もさることながら、どこで志村が出てくるのかも気になって仕方がない。そして8時14分、こちらに背を向けて立つサスペンダーを着けた男が……。秘書から渡された裕一の国際作曲コンクール二等受賞の新聞記事に「それがどうした……」と面倒そうに目を通し、「本物かまがいものか、楽しみだね」と言い放って新聞を投げる。凄まじい威圧感を放出して作曲界の大重鎮である小山田耕三を演じる志村は、これまで見たことのなかったものだった。

「志村けんらしくない、こんなこともやりますよってところを見てもらえれば、うれしいね」と、撮影時に彼が語っていたというコメントを同日の放送後にNHKが発表。その言葉を噛みしめる一方で「でも、ついつい何かしたくなっちゃう」という発言もあったことから、ひょっとしたら以降の出演では笑わせてくれたりするのかとも思った。しかし、そんなことはまったくなかった。

 第28話(5月6日放送)では、レコード会社“コロンブスレコード”のディレクター廿日市(古田新太)を呼び出し、直立不動する彼に「どうした、汗かいて。暑いか? うん? 君のところでな、契約してほしいんだよ」と裕一の新聞記事を見せる小山田=志村。おだやかな表情を浮かべながらも全身から放射する、手のひらですべてを転がすような全能感に慄いた。