「二階堂さんの歌は、スタッフも驚くほどうまい。ただ本人は『納得いかない』と悔しそうな顔をするときもある」(現場スタッフ)

 NHK連続テレビ小説「エール」。コロナ禍で4月から休止していた撮影も6月16日、再開された(放送は6月27日で一時休止)。

◆◆◆

 窪田正孝(31)が演じる主人公・裕一は、昭和の大作曲家、古関裕而がモデル。その妻・音を演じる二階堂ふみ(25)の歌声が、番組好調の一因だという。


二階堂ふみ

「音は歌手を目指しているが、音楽学校の記念公演のオーディションに合格した第9週は、オペラを歌う二階堂にネット上でも驚きの声が挙がった。その週の平均視聴率が21.3%で、次の週も二階堂の歌がフィーチャーされ21.2%と好調を維持」(テレビ誌記者)

 沖縄出身の二階堂は2007年、12歳で女優デビュー。NHK大河ドラマ「西郷どん」(18年)、映画「翔んで埼玉」(19年)など、今や若手トップ女優の一角だ。芸能記者が語る。

「かつてバラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』の人気企画『ゴチになります!』のレギュラーだったが、出演理由として『(女優として)知名度を広げたい』とコメント。また『出たくて出ているわけではない』と漏らしていたというほど、女優としての自意識が強い」