「オゲーッ」

「うわああああああ」

 こんな叫び声と超絶リアクションがページから飛び出してくる実録ハプニング・コミックエッセイ「 きょうも厄日です 」。「岡崎に捧ぐ」著者・山本さほさんによる新シリーズが、ついに単行本になりました。


「 バイト先で遭遇したドラゴンボールぽろりんおじさん 」より ©文藝春秋

落とし穴だらけの毎日を誰よりも楽しんでいるのは……

 バイト先では露出狂おじさんに遭遇、エステはなぜか悪質商法で、Twitterではストーカーの恐怖に震え、電車の中でも「とほほ」な日々……。しかし、そんな落とし穴だらけの生活を誰よりも楽しんでいるのは、他ならぬ山本さん自身かもしれません。「漫画を読んだ人が1人でも笑ってくれたらどんな不幸も帳消しです」と語る山本さんにとって、新たなトラブルは漫画のネタ(まだまだたくさん引き出しに入っているそうです)。

 そこで、「 きょうも厄日です 」第1巻発売を記念して、あなたの「厄日」エピソードを大募集します! ハッシュタグ「 #わたしの厄日 」でツイートして、悲しかった出来事、怒ってしまった出来事を“笑い”に変えてしまいましょう。山本さんが思わず笑ってしまったエピソードをつぶやいた10名には、サイン入り「きょうも厄日です」第1巻をプレゼントします。

INFORMATION

・Twitterでハッシュタグ「#わたしの厄日」をつけて、あなたの「厄日」エピソードをつぶやいてください。

・1つのツイートに収まる文字数でつぶやいてください。写真、動画を付けることも可能です。

・キャンペーンの〆切は、7月10日(金)までです。

・山本さほさんが面白かった10のツイートを選びます。該当者には文春オンラインの 公式Twitter からご連絡を差し上げた上で、サイン入り「きょうも厄日です」第1巻をお送りします。

(「文春オンライン」編集部)