9月13日の昼下がり、キョロキョロと辺りをうかがいながら都内の高級マンションから出てきたのは、人気アイドルグループ「欅坂46」の石森虹花(にじか・23)だ。実は石森は、ここ1カ月ほどグループの活動にまったく参加していない。これについて運営はファンに何の説明もしていない。この“音信不通”状態にファンの間ではさまざまな憶測が飛び交っていた。


出先でも、常に周囲には気を配っていた ©文藝春秋 撮影・細尾直人

 実は、石森はすでに運営に対して「卒業」の希望を申し出ているという。その背景には、新宿・歌舞伎町の売れっ子ホスト・A氏の存在があった。

 石森は、2015年に結成された人気アイドルグループ欅坂46のメンバーの1期生。宮城県出身で、2019年には東北楽天ゴールデンイーグルス「2019イーグルスガールイメージキャラクター」にも就任している。

8月の「Mステ」を突然欠席した石森

「グループの中でも年上メンバーとしてお姉さん的立ち位置です。欅坂46の冠バラエティ番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)の企画で“初代おバカ女王”に輝くなど、バラエティには欠かせない存在。一方で、歌唱力はグループ内で1、2を争うほどの実力というギャップがファンを惹き付けている人気メンバーです」(スポーツ紙記者)

 石森が“音信不通”になったのは、8月21日に欅坂46が出演した音楽番組「ミュージックステーション 2時間スペシャル」(テレビ朝日系)への突然の欠席からだった。その翌日、本人の有料モバイルメールで、《体調不良の為お休みさせて頂いたのですが連絡が遅くなり本当にごめんなさい…。》と発信している。その日以降、他の音楽番組も欠席し、ブログ、モバイルメールも更新していない。

 そこには、新宿・歌舞伎町の人気ホストA氏と石森の1年にもわたる交際が関係している。2人を知る人物が匿名を条件に内実を明かした。

岩田剛典似で相手を本気にさせる“色恋営業”の有名人

「Aは、月間1000万円以上を売り上げる歌舞伎町の超売れっ子ホスト。EXILEの岩田剛典似の中性的なルックスの超正統派イケメン。甘い笑顔と可愛らしい性格で、相手を本気にさせる“色恋営業”です。A自身もお酒は大好きですが、客に対して無理矢理高いお酒を入れさせたりはしない優しい接客が好評なんです。歌舞伎町界隈では超有名人で、Aの顔がデカデカと載った看板が歌舞伎町のいたるところに掲げられています。

 そんなAが在籍しているホストクラブ店を、昨年9月、石森さんが訪れたのがきっかけで2人は定期的に会うようになりました。会うのは決まって、石森さんの自宅のようです。2人は絶対に外では会わず、“超厳戒態勢”だったと聞いています」