「『鬼滅』が映画界の救世主というような報道も目にしますが、映画館はともかく配給会社としては逆にめちゃくちゃ厳しいですね。いまはほかの作品で何をやっても霞んでしまう」

 そんな風に“鬼滅旋風”に白旗を上げるのは、国内のある配給会社の社員だ。

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の最新の興行収入が10月26日に発表され、初日から10日間の興行収入が100億円を越えたという。公開から10日間での興行収入100億円突破は、日本国内で上映された映画の中で最も速い日数となる。これまで1位だったジブリ映画の「千と千尋の神隠し」の25日での100億円突破を大幅に更新し、まさにロケットスタートを切った格好だ。


©時事通信社

 映画史に残る人気を見せている「鬼滅」だけに、本作以外の作品の配給会社は冒頭のように頭を抱えている状況なのだそうだ。

「野球で言えばヤンキースが独立リーグに落ちてきたような状態です(笑)。『鬼滅』は上映館数も回数もケタ違いに多いので、ほかの作品が入り込む余地がないんです」(前出・配給会社社員)

ファンの動き方次第で興行収入新記録の可能性もある

 巷間言われている「映画界の救世主」という状況とは少し異なるのが実情のようだが、それでも過去のメガヒット作と比べても異例と言えるスピードでの100億円突破だ。世間の話題にのぼることも多く、トータルでの興行収入ランキング1位に輝いている「千と千尋」の308億円も窺う勢いだ。

「最終的な興収ランキング1位まで伸びるかはちょうど微妙なラインですね。『千と千尋』は最後にアカデミー賞を獲ったことでの一波があったのが大きかったのですが、『鬼滅』はファンによる『興行収入1位にしよう』というムーブメントがSNSなどで巻き起こっています。そういった動きの盛り上がり次第という感じでしょうか」(同前)