1月15日、第162回芥川龍之介賞(日本文学振興会主催)の選考会が東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、古川真人さん(31歳)の「背高泡立草(せいたかあわだちそう)」(「すばる」2019年10月号掲載)が選ばれた。

 古川さんは、前回の第161回芥川賞での「ラッコの家」(「文學界」2019年1月号掲載)に続く候補入りだった。


古川真人さん

《古川真人さんプロフィール》

1988年生まれ。第一薬科大学付属高等学校卒。2016年「縫わんばならん」で第48回新潮新人賞を受賞しデビュー。
〈作品〉「縫わんばならん」2016年新潮11月号=第156回芥川賞候補、単行本は17年新潮社刊。「四時過ぎの船」17年新潮6月号=第157回芥川賞候補、単行本は17年新潮社刊=第31回三島由紀夫賞候補。「窓」18年新潮7月号。「ラッコの家」19年文學界1月号=第161回芥川賞候補、単行本は19年文藝春秋刊。


©文藝春秋
第162回芥川賞の候補作 ©文藝春秋

■第162回芥川龍之介賞 候補作(掲載誌)※作者五十音順・敬称略

木村友祐「幼な子の聖戦」(すばる 11月号)
髙尾長良「音に聞く」(文學界 9月号)
千葉雅也「デッドライン」(新潮 9月号)
乗代雄介「最高の任務」(群像 12月号)
古川真人「背高泡立草(せいたかあわだちそう)」(すばる 10月号)

(「文春オンライン」編集部)