虐待保育施設が閉鎖 「うちの子も“お叱りベッド”に……」転園した母親が語る“違和感”の正体

《虐待保育施設》立ち入り調査後に“犯人探し”「○○ちゃんのパパが怪しい」 園長は直撃に開き直り から続く

  前回 報じた、東京・足立区竹ノ塚駅にある認可外保育施設「X」で繰り返されていた、A園長(28)と社員保育士B(27)による“虐待保育”。同じ保育施設に勤める臨時職員のR子さんが、幼児に対する理不尽な叱責や暴力などを告発した。

 報道後、「X」には保護者からの非難が殺到した。施設側は対応策として、A園長を短期間の謹慎処分に、保育士Bを解雇した。しかし事態が収まることはなく、「X」は10月4日で閉鎖することが決定した。


「X」の入口に貼り出された「閉園のお知らせ」。「この度は大変ご迷惑おかけして申し訳ありません。」という一言が添えられていた ©文藝春秋

「24時間営業だった『X』ですが、今は電気が消され、ひと気がありません。入口のガラスドアに貼られていた施設名が剥がされ、10月4日に閉鎖すると書かれた紙が張り出されています」(地域住民)

保育施設は“閉じられた世界”

 保育施設は保育士と幼児だけの閉じられた空間だ。もし我が子が虐待に遭っていても、怪我など目に見える被害が出るまで保護者が虐待に気づくことは難しい。しかし、もし虐待に気が付いたら、どうすればいいのだろうか。「一刻も早く退園すべき」と語るのは、保育問題に詳しいジャーナリストの猪熊弘子氏だ。

「幼い子供は、小さなおもちゃを誤飲する、うつ伏せ寝で窒息する、ベッドから転落するなど、大人社会では些細と思われることが命に関わる大事故に繋がる可能性があるのです。虐待が行われているような保育施設は、そもそも基本的な保育ができていないことが多い。預け続ければ、最悪の場合、子供の命に関わります。事故が起きてからでは遅いのです。親は気がついた時点で即退園させなければなりません。

 しかし、質の低い保育施設ほど、保育者とまだ言葉の覚束ない幼児だけの“閉ざされた世界”になりがちです。見てすぐにわかる怪我やアザでもない限り、虐待を含めた不適切な保育に親が気付くことはかなり難しいのもまた現実なのです」

 以前「X」に通っていて、今年5月に認可保育園へ転園したリョウくん(仮名・4歳半)の母親チハルさん(仮名)も、虐待には気が付かなかったという。


関連記事

おすすめ情報

文春オンラインの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る