死者36人、負傷者34人という大惨事になった2019年7月の「京都アニメーション放火事件」の容疑者は当時41歳の男だ。同年5月に起きた川崎のスクールバス殺傷事件の犯人は51歳の男、6月に大阪で起きた警官拳銃強奪事件の犯人は33歳の男だった。ちなみに、川崎の事件の4日後に起きた元農林水産事務次官長男刺殺事件の被害者も44歳の男だった。

 社会を震撼させたこれらの事件には明らかな共通点がある。事件に関わったのが中年の男であることと、無職かそれに近い境遇にあり「孤立」していたことだ。

「オスが競争し、メスが選択する」ワケ

 哺乳類だけでなく鳥類でも、「オスが競争し、メスが選択する」という性戦略のちがいは広範に見られる。これはオスにとって精子をつくるコストがきわめて低く、メスにとって子どもを産み育てるコストがきわめて高いからだ。ここから、オスの最適戦略は出会ったメスと片っ端からセックスする「乱交」になり、メスの最適戦略はもっとも多くの資源(食料や安全)を提供してくれるオスを「選り好み」することになる。これが進化心理学の基本で、現在までに膨大な証拠(エビデンス)が積み上げられている。


大きく鮮やかな飾り羽を持つクジャクのオス ©iStock.com

 とりわけヒトの場合は、女性は受胎してから9カ月の妊娠期間があり、そのうえ出産後も数年の授乳・子育てが必要になるのだから、そのコストはすべての哺乳類のなかできわだって高い。これは「選り好み」がきびしくなるということであり、男同士の競争がはげしくなるということだ。

 その一方で、敵対する部族の脅威が大きい場合、戦闘力の高い「若い男」が部族内で殺し合うのはきわめて不利だ。ようやくヒエラルキーの頂点に立ったとしても、戦争に負けた結果が「皆殺し」なら、部族内で男たちが暴力的に争ってもなんの意味もない。

 これが、狩猟採集生活をつづける伝統的社会でも部族内の殺し合いが頻繁に起きるわけではない理由だろう。徹底的に社会的動物であるヒトは、部族内で女を(比較的)平等に「分配」するように進化したのだ。