昨年10月に出所して以降、攻める一方だった六代目山口組若頭でナンバー2の高山清司(72)の自宅が2月2日に銃撃された事件の真相が徐々に明らかになってきた。76歳のヒットマンは何を背負って事に及んだのか。背景には2020年に一層、進むであろうヤクザ社会の格差化が透けて見えてくる。

「桑名がやられたらしい」との情報がめぐった


特定抗争指定暴力団山口組ナンバー2の高山清司若頭 ©共同通信社

「桑名がやられたらしい」との情報が暴力団関係者の間にめぐったのは銃撃後まもなくだった。「桑名」とは三重県桑名市のこと。暴力団関係者の間で、桑名市といえば、高山の自宅のことにほかならない。昨年10月に出所して以降、分裂した神戸山口組の幹部をマシンガン銃撃するなど、攻勢一方だった六代目山口組側だが、久しぶりの被害者としての事件だった。

 その後の愛知県警の捜査などによると、高山の自宅に銃弾を撃ち込んだのは分裂する前の山口組からすでに脱退していた元組員、谷口勇二容疑者(76)だった。先代の五代目山口組で最高幹部として権勢を振るった中野会の出身との情報もあり、「弘道会に恨みがあった」などと供述しているという。