千葉県野田市の小学4年だった栗原心愛さん(当時10)が虐待を受け、死亡した事件。傷害致死罪に問われた父親の勇一郎被告(42)に対する裁判員裁判は、2月21日に始まり、3月19日、「尋常では考えられないほど、凄惨で陰湿な虐待だった」として懲役16年(求刑18年)の判決が言い渡された。虐待する様子をスマートフォンで撮影し、次第にエスカレートしていった被告の虐待行為を「嗜虐の度を高めた」などと非難した。


栗原勇一郎被告

判決の読み上げは1時間以上にわたった

「主文。被告人を懲役16年に処する」

 千葉地裁の前田巌裁判長が判決を言い渡すと、勇一郎被告は裁判長に向かい、深々と頭を下げた。

 勇一郎被告のお辞儀——。全10回の公判では、勇一郎被告が入退廷の際に毎回、傍聴席や裁判長などに対し、時間をかけて深く礼をするのが恒例となっていた。検察官が被告人質問で、礼の意味を問うと被告は「心愛に対してです」と答えた。

 だが、今でも大半の虐待を認めていない被告の発言を鑑みれば、心愛さんに対する謝罪の気持ちを読み取ることはできず、証人として出廷した被告の妻で心愛さんの母(33)が被告の性格を「家族には自己中心的だったが、他人には自分をよく見せようとする」と表現した、そのものに見えた。

 判決の読み上げは1時間以上にわたった。前田裁判長は時折、声を震わせながら、「酌量の余地はみじんもない」などと勇一郎被告を厳しく非難した。判決は、心愛さんが死亡した傷害致死事件など、起訴されている6つの事件すべてを認定。

 心愛さんが死亡するまでの経緯で、大半の起訴内容や証人の証言とは食い違っていた被告の主張を「脈絡に欠けて不自然、不合理」「都合の良いことをつまみ食い的に話していて信用できない」などと退ける形となった。