新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)とワクチンについて、巷では様々な情報が飛び交っている。私達はそれらとどう向き合えばよいのか。

 アメリカ国立衛生研究所(NIH)でウイルスや免疫の研究を行う傍ら、Twitterでワクチン関連情報を積極的に発信し約5万人のフォロワーを誇る峰宗太郎医師( @minesoh )に聞いた。 


峰宗太郎医師

◆◆◆

新型コロナに関するBCGワクチン研究、どこまで進んでいるの?

――BCGワクチンが新型コロナに対して予防効果があるのでは、と言われています。これは、本当ですか? 

峰宗太郎医師(以下、峰)結論から言えば、現段階では分かりません。今、2種類の研究がなされています。まず、すでに存在するデータをもとに行われている研究。 簡単に言えば、BCGワクチンを過去に打っていたかどうかというデータと、現段階での発症率、感染者数を比較して相関があるかを見ているものです。

  この種類の研究についての報告はすでにプレプリントというものが2本出ています。 1本は相関関係が見られた、もう1本は相関関係が見られなかった、と結論付けています。

――報道で目にしたことがあります。 

峰 広く報道されましたよね。ただ、注意して欲しいのは、それらの報告はまだ「論文の下書き」に過ぎない、ということです。「査読」という専門家たちによるジャッジを経ていない。つまり、この研究がプロから見て出版に耐え得る質かはまだ分かりません。   

――正確にはまだ「論文」になる前の段階なのですね。 

峰 はい。それに、この種の研究は、因果関係を見ているとは結論できません。さらには、見つかった相関関係が、別の要因によって引き起こされた「偽の相関」である可能性や、ただの偶然である可能性が残ります。  

――慎重に取り扱う必要がありそうです。 

峰 もう1種類は、実際にBCGワクチンを打ってみて、打った人と打ってない人とで新型コロナへの感染率等が違うのかどうかを見ようという研究です。そこで感染率に差が出てくれば、BCGワクチンが新型コロナの発症抑制に関係があると推定できる。これはオーストラリアで始まったばかりで、結果が出るのに時間がかかるでしょう。 

――SNSでは、ワクチンを打ってこなかった人たちが、報道を見てBCGワクチンに飛びついているという書き込みも増えています。成人がBCGワクチンに殺到すると、どんなデメリットがありますか? 

峰 本来必要な乳幼児に届かないリスクが一番大きいです。BCGワクチンは乳幼児の結核への感染や重症化を防ぐためのものなのに、売れると見込んで囲い込みが起こり、既に出荷調整になっています。