雅子さまはチャーミングに英語で「可愛くてふわふわ」 外国訪問できない歳月を乗り越えられるまで から続く

 この春、天皇皇后両陛下の長女・愛子さま(18)は学習院大学文学部日本語日本文学科に進学された。学習院女子高等科ご卒業にあたり、両陛下と愛子さまは宮内庁を通じて感想を公表され、ともに新型コロナウイルスについて、早く終息に向かうことを「願っております」と述べられた。


愛子さま ©JMPA

愛子さまの思春期を振り返られた両陛下

 両陛下が公表された感想からは、愛子さまの思春期ともいえる女子中・高等科での日々を振り返り、感慨深く思い出されるご様子が伝わってくるようだ。

「愛子には、女子中等科入学から6年間にわたり、たくさんのお友達にも恵まれ、日々通った女子部での学校生活を始め、運動会、八重桜祭などの学校行事や、初めての海外短期留学、修学旅行などを通じて、貴重な経験を重ねながら様々なことを学び、楽しく実り多い日々を送ることができたと思います。

 科長先生を始め、御指導いただいた学年主管や教科担当の先生方、養護、事務、用務、守衛の方々など、学習院女子中高等科の全ての関係者の皆さん、また、警備にあたられた地元警察署の方々に深く感謝いたします」

雅子さまは外務省の方面をご覧に

 雅子さまは、昨年の「即位の礼」に際し、何度か涙を見せられた。11月10日の祝賀御列の儀では、祝田橋交差点付近から目を潤ませていらっしゃったように見え、国会議事堂正門前では目頭を押さえる仕草を見せられた。勤務先だった外務省の方面をご覧になっていたのかもしれないと思い、深く印象に残っている。

 その前日、11月9日に開かれた、天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」でも、アイボリーのロングコートをお召しになった雅子さまは、「Journey to Harmony」を嵐のメンバーが歌い終えると、うっすらと涙を浮かべながら、拍手を送られていた。この時は、愛子さまも皇居の正門近くから式典の様子をご覧になっていたという。