2020年上半期(1月〜6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。事件部門の第4位は、こちら!(初公開日 2020年6月8日)。

*  *  *

 5月20日午後12時半頃、品川区の路上。白いベンツの運転席に座る茶髪にマスク姿の女が、警察官の職務質問を受けていた。

「通報されたんです。その女が奇声を上げながらベンツの周りをウロウロしていましたから」(近隣住民)

 押し問答が15分ほど続いた後、女はベンツを急発進させ、国道1号を大田区南馬込まで900メートルほど暴走。道路沿いの防犯カメラは、会社員・高橋悠さん(34)が歩道を通過した後、100キロ近いスピードで走るベンツを捉えていた。

 事故を目撃した周辺住民が顔を引きつらせる。

「白い車が歩道に突っ込んだかと思うと、ドカーンと凄まじい音が……。車の下敷きになったのか、歩いていた女性の姿が見えなくなりました。運転席から茶髪の女が降りてきたんですが、巻き込んだ女性を助ける素振りも見せず、小走りで逃げ去ったんです。間もなくパトカーが到着して警察官たちが凄い形相で逃げた女を探し始めました」

 直後、警察は隣接するマンションに逃げ込んだ中川真理紗(31)の身柄を確保。中川は無事だったが、後ろからはね飛ばされた高橋さんは助からなかった――。