2003年2月1日、福岡地検小倉支部は松永太と緒方純子を、緒方のおいである緒方佑介くん(仮名、当時5)への殺人罪で起訴した。公訴事実は以下の通りである。

〈被告人両名は、共謀の上、平成10年5月17日ころ、北九州市小倉北区片野×丁目×番×号『片野マンション』(仮名)30×号室において、殺意をもって、緒方佑介に対し、年少の児童を関与させるなどして、上記佑介の頸部をコード又は帯様のもので絞めつけ、よって、そのころ、同所において、同児を窒息により死亡させて殺害したものである。

 罪名及び罰条

 殺人 刑法第199条、第60条〉

 この起訴を受けて、松永、緒方の弁護団はそれぞれコメントを発表している。松永弁護団は「公判では争うことになります」、緒方弁護団は「緒方さんとのこれまでの接見においても、この公訴事実を認めることになると思います。ただ、緒方さんは電気コードを使ったと言っています」というものだった。

少女の父の殺人容疑で、両名8回目の逮捕

 それからわずか2日後の2月3日、捜査本部は松永と緒方を、広田由紀夫さん(仮名、当時34)への殺人容疑で逮捕した。被害者の由紀夫さんは監禁致傷の被害少女である広田清美さん(仮名)の父。ふたりの逮捕はこれで8回目となる。逮捕された時刻は松永が午後3時9分で、緒方が午後3時8分だった。

 逮捕事実として発表されたのは〈被疑者両名は、平成8年1月ごろには肝ないしは腎機能障害等で医師の適切な治療を要する状態に陥っている被害者を共謀のうえ殺意をもって、同年2月26日ごろまでの間、小倉北区片野×丁目のマンション浴室に閉じこめ、十分な食事を与えず身体に電線に取り付けたクリップを挟んで通電したり、殴打・足蹴する等の虐待行為を繰り返して前記病状を悪化・衰弱させ、同日夕方ごろ、多臓器不全で死亡させて殺害したものである〉との内容である。


(写真はイメージ) ©️iStock.com

 弁解録取書に松永は「風呂掃除の途中で頭を打って亡くなったと記憶している」として自身の関与は否認。一方の緒方は「考えるところがあり、いまの時点ではなにも言いたくありません」と認否を明らかにしなかった。

 福岡県警担当記者は言う。

「緒方の弁解録取書について、彼女自身は否認とは口にしていませんが、捜査本部としては実質的な否認と受け止めているようです。由紀夫さんが死亡したとされる2月26日、少女(清美さん)は学校に行っていましたが、彼女が『片野マンション』に帰宅した時点で、由紀夫さんはまだ生きていたようで、少女はその後、父親の死亡を目撃しています」

 この逮捕を受けて行われた捜査幹部のレク(レクチャー)は以下の内容だった。その概要について記者をQ、捜査幹部をAとして紹介する。