午前9時15分頃、東武伊勢崎線の新越谷駅近くの路上に、若い女性の甲高い叫び声が響き渡った。地面に倒れた女性の傍らには、マスクを真っ赤に染めた男が無表情のまま、あさっての方角に視線をさ迷わせ座り込んでいた。血がべったりと付着した包丁を右手に握りしめた男は、タオル地のハンカチを取り出すと女性の顔にそっとかぶせる。タオルが落ちないように左手で押さえるが、女性の首からはおびただしい血が流れ出していたという――。

◆ ◆ ◆

 9月30日、埼玉県警に殺人未遂の容疑で現行犯逮捕されたのは、千葉県木更津市に住む会社員の水元義人容疑者(35)。被害者の石澤里美さん(23)は、勤務先のドコモショップのかつての同僚で、昨年9月頃から今年7月頃まで交際関係にあったという。


越谷市の犯行現場 ©共同通信社

「犯行の前日、水元は石澤さんに復縁を迫る内容のLINEを送ったが、『会えない、会いたくない』と拒絶されていた。犯行の1時間ほど前には現場に現れており、近くの職場に勤める石澤さんの通勤ルートや通勤時間帯を把握したうえで、待ち伏せしたとみられている」(警察関係者)

定時制高校で“高校デビュー”

 埼玉県川口市で生まれ育った水元は、幼い頃に両親が離婚。シングルマザーとなった母親は水元と2歳下の妹を葬儀会社で働きながら育て上げた。中学卒業後、県内の公立高校に進学するも1年程で中退。その後は県内の定時制高校に入学。中学時代はおとなしく女性にモテるタイプではなかったという水元だが、定時制高校時代に印象が一変する。

「髪の毛を伸ばして茶髪にして、チャラくなっていた。わかりやすい高校デビューだなと。以前あった中学の同窓会の際、同級生の女性にちょっかいを出すというか、積極的に声をかけていて、イメージが変わったなと思った」(同級生)

 水元とかつて交際していた女性はこう明かす。