大阪府立富田林高校から京大法学部を経て官僚に ©共同通信社

 竹本直一IT・科学技術担当相(79)が6月26日の記者会見で、突然「辞任」を発表した――。といっても、閣僚辞任ではない。退いたのは「はんこ議連」会長の職だ。コロナ禍に対応するための「脱はんこ」の動きを記者に問われ、5月初めに辞任していたことを明かし「はんこは日本文化の一形態。消してしまえとは思わないが、はんこのためにわざわざ出社するのは実に無駄」とIT担当相らしく強調した。

 議連会長は潔く辞めた竹本氏だが、センセイの座にはこだわり続ける。自民党内でベテランと若手で激しい論争が繰り広げられている衆院比例区の73歳定年制をめぐってのこと。ベテラン側は衛藤征士郎・元衆院副議長(79)や平沢勝栄・党広報本部長(74)が「定年制を廃止せよ」と表立って拳を振り上げているが、背後で2人を焚き付けたのが竹本氏だ。そもそも「衛藤氏も平沢氏も選挙に強く、小選挙区で勝ち上がれる。比例区に重複立候補する必要はない」(政治部記者)。

 一方、竹本氏は堺市美原区や富田林市などの大阪15区選出。大阪といえば日本維新の会の牙城だ。維新副代表を務める吉村洋文大阪府知事の人気上昇で、大阪では次期衆院選の「維新全勝」が早くも囁かれ、竹本氏の小選挙区当選は風前の灯火。比例区の重複立候補ができなければ、即引退の危機にさらされる。