衝撃のニュースが飛び込んできた。

『人生相談マニア菅首相 プレジデント連載終了』(日刊スポーツ9月25日)である。

 現職官房長官の人生相談として永田町で話題を呼んでいたビジネス誌「プレジデント」の「菅義偉の戦略的人生相談」が、10月16日号で終了。

 はー。私は唸ってしまった。「計画通りなんじゃないか」と。


2020年撮影 @文藝春秋

「人生相談」は首相就任への戦略的キャンペーン?

 首相就任で多忙を極めてきたため「無念の中断となった」と記事にあるがそれは表向きだろう。今回の連載は最初から菅義偉の首相就任へのGo Toキャンペーンにみえて仕方なかったのだ。

 それほど「菅義偉の戦略的人生相談」は戦略的だった。

 ではその過程を振り返ってみたい。

 菅氏は読売新聞の「人生案内」を高校時代から愛読していた。人生相談コーナーを読むことで人々の生活実態や時代の空気を読み取ることができるという。私も「人生案内」の印象深い相談はスクラップしているので紹介しよう。

「結婚30年以上 夫が憎い」(9月1日)

「義母と義姉の行動が憎い」(2月3日)

「手土産 もらうのが苦痛」(1月26日)

 これで時代の空気を読み取れるかどうかわからないが、菅氏は自分ならこの相談にどう答えるかを考えるのを毎朝の楽しみと公言してきた。

 すると「プレジデント」(5月15日号)から連載が始まったのである。

新型コロナ対応で存在感が微妙だった2月以降、連載スタート

 このタイミングにしみじみした。なぜなら連載初回の発売日は4月24日。これは2月過ぎからの新型コロナウイルス対応で、菅氏の官邸内での存在感が微妙だった期間である。

 たとえば、「一律10万円給付 危機管理対応に変化の兆し 菅氏の関与見えにくく」(日経4月21日)

 菅氏としては大ピンチの頃だ。さらにポスト安倍を目指すならそろそろ何か「活動」をしないといけない。菅氏の巻き返しがあるはずと私は思っていた。すると雑誌「プレジデント」で人生相談を始めた。

 アイドルや女優のヌード写真集と同じく、連載オファーを承諾した時期と意思に注目したい。菅氏は露出という名のヌードを決断して世間にアピールを再開し始めたように見えた。