(2)2020年3月26日 神奈川県知事・黒岩さん、調子にのって医療従事者を「コロナファイターズ」と命名する

医療従事者らに「コロナファイター」と命名、「軽はずみ」「不謹慎」と批判(読売新聞)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20200404-OYT1T50157/

 存在感を示したい神奈川県知事・黒岩さん、コロナ対策のため前線で戦う医療従事者の皆さんを「コロナファイターズ」と命名し、どうでもいい話なのにイライラした国民感情にヒット、無事炎上するという騒ぎがありました。

 ウケると思ってパフォーマンスしてみたら地層ごとスベった事例に涙するわけですが、恥ずかしく思った神奈川県民から謝罪を受けたりもしました。いいんですよ、ウチの都知事も小池百合子さんですから。

 この後、黒岩さんは少しおとなしくなります。ちゃんとやればできる知事のはずなんですが、これ以上追い切れなくなったのか、現在ではコロナ感染者の追跡は家族以外しないと発表し、だめだこりゃという感じが致します。

(3)2020年3月27日 石川県谷本知事、「コロナ無症状なら石川県に観光に来て」と面白発言

 思ったことをつい口に出してしまう率直な人柄で高名な石川県知事の谷本さん、コロナで騒ぎが広がる中、コロナ無症状なら石川県に観光に来いやアピールをして、一足先にGo Toトラベル先取りの発言をし、おおいに叩かれます。

 「無症状の方については、石川県をご使用いただければね。新幹線もございますから、(東京から)2時間半で来られますから」との言葉を受けて石川県を訪問した東京在住の人たちはどのくらいいたのでしょうか。

 石川県出身の友人らとやり取りする「うちの知事がすいません」「いえいえ、うちなんて小池百合子さんですから」「そんな、うちなんて森田健作さんですよ」というやり取りが定番になってきたのはこの辺からな気がします。

(4)2020年3月30日 吉村洋文府知事、寝てない感を醸し出し働いてる風の会見を行う

「国は緊急事態宣言を」 大阪府知事、感染経路不明増加で 新型コロナ(毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20200330/k00/00m/040/163000c

 小池百合子さんのフリップ芸に感化されたのか、今度は大阪府知事の吉村洋文さんが頑張って記者会見をします。曰く「国は緊急事態宣言を」。府内の感染者数が200人を超え、対策に奔走している風の演出をネットで醸して俺たちの吉村洋文と持ち上げられます。

 いま振り返ると、この時点が吉村洋文さんの働いているピークだったかもしれません。その後、ろくでもないことしかしていないので。持ち上げているのは在阪マスコミに煽られた維新支持者ぐらいじゃないかと思うんですよね。

 この「吉村洋文さんのイマイチ意味のないことで頑張ってる感」と「それを万歳三唱で無批判に持ち上げる大阪府民」「維新政治家の活躍をいちいち伝える在阪マスコミ」の大阪退廃トライアングルの狂騒曲はいまなお続いています。