打力より人間力 母校を訪ねてわかった広島・鈴木誠也のルーツ

母校・二松學舍は「帰る場所」

 そんな野球道を説いてくれた恩師を慕い、誠也は監督の元を訪ねて来るという。

 市原監督に「最近はどんな会話をされるんですか?」と尋ねると、師は遠い目をしながら静かにこう語った。

「母校は帰る場所でもあると思うんです。プロ野球選手というのは、良い時はいろんな人が周りに集まります。だから誠也には、ケガをしたり精神的に落ち込んだ時こそ母校の意味があるんだよ。調子が悪くなった時だけでいいから連絡してこいよって。そんな会話をしていますね」と。

 金八先生の贈る言葉にはこんな続きがある。

「もし君たちがその旅の途中で道に迷ったら、どうか私を振り返って下さい。私はねぇ、この荒川のほとり、桜中学のこの教室にずっといます。そして次の目標が見つかったらまた私に背を向けて、どうぞその目標目指して懸命に歩いて下さい」

 市原監督のその言葉から、まさにそんな想いを受け取った母校巡りだった。

 今年新たに、その逞しくなった背中に『背番号1』をつけ躍動する鈴木誠也。その『1』は、広島カープ・鈴木誠也の第2章を告げる番号であり、彼が7年ぶりに背負う二松學舍時代の想い出と、恩師の掛け替えのない教えが詰まったエースナンバーでもある。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/12180 でHITボタンを押してください。

(桝本 壮志)


関連記事

おすすめ情報

文春オンラインの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索