阪神タイガースのエース・西勇輝投手(29)が、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が全国に出ていた5月3日、出身地である三重県内のホテルでファンの女性を呼び出し、「密会不倫」していたことが「週刊文春」の取材で分かった。


昨季は10勝8敗だった西 ©共同通信社

 週刊文春の取材によれば、西は昨年10月から不倫関係にあった30代前半のA子さんに、5月2日の夜、インスタグラムのDM(ダイレクトメッセージ)で「明日泊まりダメやけど 2時から4時くらいまで会える?」「タクシーできな! コロナあるし」と誘った。5月3日、西は滋賀でゴルフの練習をした後、三重県四日市市内のホテルにチェックイン。そのホテルの一室にA子さんを呼び出し、関係を持った後、親戚の集まりに向かったという。

 ただ、5月3日はコロナの感染拡大に伴う、政府の緊急事態宣言の真っただ中で、大阪でも吉村洋文府知事が「ステイホーム」を呼びかけ、県をまたぐ移動の自粛が要請されていた。

 また、阪神では3月下旬、藤浪晋太郎投手をはじめとする3選手の会食によるとみられるコロナ感染が発覚。藤浪は4月23日に会見を開き、「軽率な行動だった」と謝罪をしていた。

 7月12日、西の携帯に電話をして事実関係を聞いた。