「月曜断食」で10キロ以上やせた40代、50代、それぞれの事情

「何をやっても体重をなかなか落とせない」「すぐリバウンドしてしまう…」そんな悩みを抱える40-50代のダイエット難民の間で話題の「月曜断食」。月曜は不食、火〜金に炭水化物を抑えた良食で、土日は美食をOKというダイエット・メソッド――“断食”と聞くと辛そうなイメージですが、実際はどうなのか? 提唱者の関口賢先生を囲んで、体験者たちに本音を語ってもらいました。

◆◆◆

山口 はじめまして、 都内で飲食店  を経営している42歳、山口恵摩と申します。私は22週取り組んで、体重は53.7kgから42.5kg、体脂肪率は34.6%から23.6%まで落ちました。一緒にやっていた夫も12キロ痩せました。


42歳山口さん 53.7kg→42.5kg マイナス11.2kg

I子 私も同じように、体脂肪率35.8%あったのが、22〜23%になりました。50代で65kgあった私が、半年継続していまは50キロ。マイナス15kgの達成です。

島田 46歳、 カメラマンの島田雪子 と申します。私はもともと1年のなかで増減が激しくて、マックスで80kgありました。いまは67キロぐらいです。月曜断食の効果で痩せた部分は、4〜5kgかなという実感です。

スムーズに取り組めた月曜断食

もとがや 私は53歳で広尾で 個人経営のエステサロン をやってるんですが、体重56.5kg、体脂肪率が31.3%でスタートして、4ケ月で46.2キロだからマイナス10.3kg、体脂肪率は23.4%です。職業柄何か美容やダイエットの新しいメソッドが出たらパッと試しては、3日でやめちゃうことが多かったんですが、月曜断食は続けられました。

山口 断食ってちょっと不安でしたが一回やれば、「なんだ、こんなものか」って。でもうちは子どもがまだ小さいので、最初は不食日に子供にご飯を作って食べさせるのが辛かったです。「あーん」して食べさせてるのに、自分の口には入れられないのが(笑)。

島田 私はもともと、糖質制限とか肉食中心のダイエットとかをいろいろ試してたんですが、吹き出物ができたりして、精神的にきつかったんです。もっと心穏やかに痩せられないかなと思ってた頃に月曜断食に出会って、こちらのほうが私には楽でした。

もとがや 私が以前ファスティング(断食)をやったときは頭痛と吐き気がひどかったんですよ。体調にもよるのかな。美食日のある月曜断食は、多少のふらつきはあったものの、わりとスムーズに取り組めました。もしかしたら最初のふらつきで挫折する人もいるだろうな、とは思いました。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

文春オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索