貨物線再利用 門司港レトロ観光線の意外なコスト削減は「レール切断」にあった

 門司港と門司港駅は九州の玄関だった。1942年に関門海底トンネルが開通するまでは、門司港と下関港を鉄道連絡船が結んでいた。鉄道が長距離移動の主役だった時代、九州と本州を行き来する人々は、門司港駅で列車と船を乗り換えた。

 門司港駅の駅舎には、往時の関門連絡船通路跡が保存されている。1988年に国の重要文化財に指定された駅舎は、2019年3月に復元工事が完了し、貴賓室もよみがえった。


かつて九州の玄関口だった門司港駅

博物館のアトラクションのように見えるけれど……

 その門司港駅の東側に九州鉄道記念館がある。1891年の建物で、九州鉄道の本社だった。2003年に鉄道記念館として公開されて、門司港駅をはじめ九州の鉄道の歴史を伝えている。

 門司港駅から九州鉄道記念館へ向かうと、途中に小さなプラットホームがある。これが「門司港レトロ観光列車 北九州銀行レトロライン 潮風号」の九州鉄道記念館駅だ。博物館のアトラクションのように見えるけれど、国から鉄道事業の許可を受けた立派な路線。ここから2kmほどの関門海峡めかり駅まで運行し、途中に中間駅が2つもある。

 もっとも、運行は3月から11月までの土休日と学校の春休み、夏休みの運行となっている。黒部峡谷鉄道のような観光路線で、トロッコ列車の「潮風号」しか走らない。

この客車はもともと国鉄時代の貨車だった

「潮風号」は青色に統一された4両編成の列車だ。トロッコ客車2両の前後に小さなディーゼル機関車が連結される。これで機関車の方向転換や付け替えなしで折り返し運行ができる。テーブル付きの椅子に座ると、吹きさらしの窓から小雨が入る。乗り心地は固い。なにしろ、この客車はもともと国鉄時代の貨車だった。屋根のない貨車に屋根を取り付け、荷台を床にして椅子とテーブルをしつらえた。終点まで乗ってもわずか10分だから耐えられる。

 ゴトゴトと走り出し、踏切を渡る。通行人やドライバーが手を振ってくれる。門司港周辺は明治・大正時代からの古い建物が多い。旧大阪商船門司支店は1917年の建築。旧門司三井倶楽部は1921年の建物で、1階はレストランだ。往時の上流階級の人々がつどった場所。その高い天井に圧倒される。


関連記事

おすすめ情報

文春オンラインの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る