外出自粛中に試したい 減塩にも役立つカンタン“だし生活”<レシピつき> から続く

 外出自粛によるSTAY HOMEが続く中、近頃よく思うのは「おいしくて体に優しいものが食べたい」「でも調理はカンタンに済ませたい」ということ。

 そこで、4月末に緊急転載した「週刊文春WOMAN」2019 GW号の 「冷凍食材とカット野菜でつくる 包丁いらずごはん」 に続き、今回は「週刊文春WOMAN」の創刊号(2019正月号)より「日本一カンタンなだし生活をはじめよう」を転載。

 ベストセラー『終電ごはん』で終電族のための楽ちんかつ健康的なレシピを提案した梅津有希子さんの手にかかれば、日本古来のだし生活もこんなにカンタンになりました。

「麦茶ポットでとる昆布だし」「コーヒードリッパーでとるかつおだし」と超カンタンだしレシピは 前編 で。(全2回の後編/ 前編 を読む)


梅津さんの著書『だし生活、はじめました。』と、簡単だしレシピが満載の続編『もっとおいしい、だし生活。』(ともに祥伝社)。

◆ ◆ ◆

教えるのは梅津有希子さん

だし愛好家、ライター。1976年北海道生まれ。長年顆粒だし派だったが、天然だしのおいしさに目覚め、だしの魅力を広めるべくさまざまなメディアで活動中。乾物店巡りが趣味。

《かつおだし編》

水をだしに替えるだけ うま味たっぷり和風カレー

チキンと舞茸のだしカレー

材料(4人分)
米……2合
カレールウ……4人分
鶏もも肉……大1枚
舞茸……1パック
濃いめのかつおだし……ルウのパッケージに表示されている水の分量
サラダ油……適量

作り方
 フライパンでサラダ油を熱し、ひと口大に切った鶏もも肉と舞茸を炒める。かつおだしとカレールウを加え、とろみがついたらできあがり。

【ココがポイント】厚削りのかつお節で濃いだしを
 カレーの味に負けないよう、しっかり濃いめのかつおだしが必須。できれば花かつおではなく、厚削りのかつお節がおすすめ。