9月13日、世界最高峰の自転車レース、ツール・ド・フランスが勝負所のアルプス山岳地帯に入った。選手たちを応援する観客が、今年は誰もいない。PCR検査で大会委員長と出場チームのスタッフ4名が陽性となり、ゴール地点での観戦が初めて禁止されたのだ。

 新型コロナウイルスの第2波に襲われているフランス。12日に1日あたりの新規感染者数は過去最多の1万561人に達した。

「(コロナの流行は)明らかに悪化している」

 カステックス首相はそう警告。今ではマスク着用を商店や公共交通機関、路上だけではなく、職場でも義務づけられ、違反者には135ユーロ(約1万7000円)の罰金が科せられる。感染経路追跡要員をさらに追加し、週100万件のウイルス検査も行われている。


今年7月に就任したカステックス首相 ©共同通信社

 フランスで最も厳しい全国外出規制が実施されたのは、3月17日から5月11日。マクロン大統領は「総力戦だ」と訴え、政府と国民が一丸となり、医療崩壊を免れ、感染者数も1日100人台に。だが、また7月末から再び増え始めた。

 なぜ再び感染が拡大しているのか。