娘の不正入学問題で辞任に追い込まれた韓国の曺国前法相(55)に代わり、今年1月に就任した秋美愛法相(61)をめぐる疑惑が次々に発覚している。


文政権と対立する検事総長の側近を左遷した秋法相 ©共同通信社

 秋氏が与党「共に民主党」代表だった2017年6月、兵役中の息子の休暇延長を軍に働きかけた疑いなどが浮上。ソウル東部地検が9月、息子を事情聴取し、市民団体が秋氏を告発する騒ぎに。また娘が梨泰院で運営していた米国料理の食堂で250万ウォン(約22万円)の政治資金を使用していたことが判明した。

 秋氏は保守の牙城、大邱出身。高等法院の判事時代、故金大中大統領に見いだされ、1996年に進歩系政党から出馬し国会議員に。

「批判に負けず、突破力のある政治家だが、理念や哲学はあまり印象に残らない人だ。日本の小池百合子都知事のように、政界渡り鳥の側面もある」(与党関係者)

 秋氏は04年の盧武鉉大統領弾劾の際には、保守系野党と組んで弾劾賛成に回った。だが、秋氏は後に謝罪し、盧武鉉系の文在寅大統領誕生に尽力した。

 そんな秋氏につけられた愛称は、ジャンヌ・ダルクをもじった「秋ダルク」。朴槿恵政権下の16年8月、当時野党だった「共に民主党」代表に就任すると、メディアが「与野党トップ、女の闘い」と注目するなか、朴政権打倒に力を発揮し、党代表職を任期2年の最後まで全うした。