米大統領選の結果が11月13日に全州で判明し、ジョー・バイデン前副大統領の勝利が確実となった。

 トランプ、バイデン両陣営が激戦州と位置づけ、投票日直前まで精力的に遊説を続けたのがミシガン州だった。この州は2012年の選挙ではオバマ大統領が勝利したが、前回の16年はトランプ大統領がわずか0.2ポイント、約1万票という最小僅差で勝った。

 そんなミシガン州で私が1000人以上の支持者に囲まれてトランプの演説を聞いたのは、10月中旬のこと。彼は冒頭でこう話した。

「オレは12年前、ミシガンで最も活躍した人物に選ばれた時、『なぜミシガンは自動車産業の仕事口を、賃金の安いメキシコやカナダに流出させているんだ』と言った。賞を貰って文句を言ったのはオレぐらいだろ」


負けを認めないトランプ氏 ©共同通信社

 聴衆が沸き、こう続けた。

「(大統領就任後)安倍首相に『日本はもっとミシガンに自動車工場を作らないといけない』って言ったんだ。その翌日、日本の自動車企業がミシガン州で5つの工場を建てると発表した」

 だが、トランプがその年最も活躍した人に選ばれたことも、日本企業がミシガンに5工場を建てるというのも真っ赤な嘘だった。

 トランプは90分話し続け、支持者は押し合いへし合いの中で、その話に酔っていた。マスクをしている人は全体の2割程度か。