埼玉県本庄市の大恩寺は「ベトナム人の駆け込み寺」と呼ばれている。不当な搾取や暴力に耐えかねて逃げ出した実習生や、コロナ禍で生活苦に陥った留学生などが、40人以上も集団生活を送っているのだ。そんな大恩寺ではどんな年越しを過ごすのか、大晦日から元旦にかけて、彼ら困窮ベトナム人と寝食をともにしてみた。


埼玉県北部、寒風の吹き下ろす山麓に大恩寺はある ©室橋裕和

意外にいきいき働いている“逃亡実習生”たち

 本堂の扉を開けると、日本のお寺とさほど変わらない景色があった。畳が敷かれた和室が広がり、ご本尊の前にはお供え物が積まれ、花が飾られている。どこか明るい色彩であることと、ベトナム語の掛け軸に、南国らしさを感じる。

「スミマセン、消毒オネガイシマス」

 片言の日本語に振り返る。ニット帽をかぶった男性に、手だけではなく全身に消毒薬をシュッシュされ、体温を測られてから上がり込んだ。

「まずお参り、しますか?」

 促されて、ご本尊の前に座り、とりあえずは手を合わせた。傍らには、日本で亡くなったベトナム人技能実習生たちの位牌が佇む。なんともいえない気持ちになっていると、彼は磬子をゴーンと鳴らして、僕とともに手を合わせるのだった。

 本堂の中に置かれた机に案内されると、すぐ別のベトナム人の女性が日本茶を運んでくる。外ではほうきを持って掃き掃除をしている男性たちが見える。奥では夕食の支度をしているようだ。たくさんの若者たちが忙しそうに立ち働いているが、彼らは多くが、いわゆる「逃亡した技能実習生」だ。行き場を無くしたベトナム人が最後に頼る、ここは「駆け込み寺」なのである。

 先ほどから僕を世話してくれているフア・トゥアン・ホアさん(37)もやはり、1年以上前に実習先から逃げ出してきた。彼らが集団生活を送るこの大恩寺は、大晦日の夜を迎えようとしていた。