サッカー元日本代表の本田圭佑(34)が白い椅子の上に立ち、マイクを握り、仲の良いCBマルセロ・ベネヴェヌートと掛け合い漫才のようなことをしている。

 本田が英語で「君は何歳?」と尋ねる。ベネヴェヌートが少しまごついてから「24歳」と回答。本田が以前ベネヴェヌートに「英語を勉強した方がいいよ」とアドバイスした経緯を知っている他の選手たちが、手を叩いて笑う。


“パーティー”を開催した本田圭佑 FogaoNET公式YouTubeより

 画面が替わり、奥のステージに陣取るバンドの演奏に合わせ、本田と数人の選手が体をくねらせて踊る。

 外はまだ明るいが、室内はカーテンを閉めて薄暗くなっており、コンサート会場のように青や赤のライトが交差する。

 テーブルの上には水タバコの器具が置かれ、肉の切り身が並んだ皿があり、ビールらしきコップ、そしてカイピリンニャ(ブラジルの蒸留酒ピンガにライムと砂糖を加えたカクテル)と思しきコップなどが並ぶ。

非難はコロナよりも「裏切り」

 1月11日にこの1分間の動画を配信したのは、ブラジルのリオデジャネイロを本拠地とするサッカークラブ「ボタフォゴFR」のニュースを専門的に提供する電子サイト「フォゴンネッチ」。配信直後から日本では本田が、ブラジルでは参加した選手全員が非難された。

 日本では、新型コロナウイルスの感染が再び拡大していることもあり、「この時期に大勢で集まり、マスクをせず、しかるべき距離も取らないでパーティーを開くとは何事だ」という声が多かった。

 一方、ブラジルでは新型コロナウイルス感染による死者が20万人を超える状態でありながら(いや、だからこそと言うべきか)、感染防止に対する意識が低い。選手たちが非難を浴びたのはそこではなかった。

 チームが2部リーグ降格の危機に瀕しているボタフォゴのファンが、「この非常時に、選手たちは能天気にも飲んで歌って騒いでいる」、「こいつらはみんなクズ」と糾弾。本田に対しては、「ボタフォゴ愛を誓っておきながら、チームが最も必要としているときに逃げ出した卑怯者」。「もう二度とブラジルへ来るな」という声まであった。

 両国で批判を受けた本田が、反応した。

 1月13日、自身のツイッターでボタフォゴファンに向け、英語で「君たちがどれだけ僕を憎もうとも、僕は君たちに感謝しています」と投稿。さらに、「僕が開いた最初で最後の昼食会に来てくれて、それで批判されたチームメイトに申し訳なく思っている」とつぶやいた。

 しかし、これが火に油を注いだ。ボタフォゴファンは、「お前を憎んではいない。ただただ失望しているだけだ」、「お前が謝るべきなのは、チームメイトではなく、お前を大歓迎して無残に裏切られた俺たちに対してだろう」と辛辣だった。