畑で採れた野菜...?よく見ると顔が...!!

hammy / Via Twitter: @HammyHandmade


こちらは、ハンドメイド作家、hammyさん(@HammyHandmade)が作った野菜のぬいぐるみです。

柔らかな色合いの野菜に、それぞれ個性的な表情が浮かんでいます。

hammy / Via Twitter: @HammyHandmade


Twitterのプロフィール欄に「布製の野菜育ててます」と表記するhammyさん。

これまでにミニトマトやナスなど12種類、数にすると150以上もの野菜のぬいぐるみを作ってきたそうです。

hammy / Via Twitter: @HammyHandmade


ある日、買い物カゴからネギが見えたとき、「ネギって可愛いなあ、ぬいぐるみにしたい!」と思ったといいます。それが、制作のきっかけだった、とBuzzFeed Newsに話します。

「1つとして同じ顔がない、ゆる〜い顔」が注目ポイントなのだそう!

hammy / Via Twitter: @HammyHandmade


工夫している点は「野菜の色」だといい、こだわりが。

hammy / Via Twitter: @HammyHandmade


これらの野菜の優しい色合いは、一部をのぞき、手染めで表現されています。使いたい布のほとんどが白色のため、自身で染めているのだといいます。

hammy / Via Twitter: @HammyHandmade


「お野菜を見てくださる人の顔を想像して作っているときが一番楽しいです!」

「かわいいって言ってもらえるかな、とか思いながら制作している時が嬉しいですね」

hammy / Via Twitter: @HammyHandmade


hammyさんが2月4日、野菜のぬいぐるみの写真をTwitterに投稿したところ、2000以上のリツイートが。大きな反響に「みなさんゆるい物がお好きなんだなと思いました。いろんな方に見ていただけて嬉しかったです!」と話します。

今後は、果物のぬいぐるみにもチャレンジしたいそうです