法律上の性別が同じ人同士の結婚を認めないのは憲法に反しているとして、全国13組26人のカップルが国を訴えている「結婚の自由をすべての人に」訴訟。

2019年2月14日の一斉提訴から1年が経つのを前に、戸籍上は女性のトランスジェンダー男性とパートナーの女性が、東京地裁の訴訟に新たな原告として加わることが発表された。

Saori Ibuki / BuzzFeed


原告に加わるのは、都内で暮らすトランスジェンダー男性の一橋穂さん(仮名、40代)と武田八重さん(仮名、40代)。

ふたりは5年以上、男女の「異性カップル」として関係を築いてきた。だが、一橋さんの戸籍上の性別が「女性」のままのため、法律上は「同性カップル」とみなされてしまい、現行の制度では法的な婚姻関係を結ぶことができない。

2月13日に都内で開かれた会見で、一橋さんは声を震わせ、時に涙を流しながら用意したコメントを読み上げた。全文は以下の通り。

会見の詳報はこちら:《異性カップルなのに結婚できない」トランスジェンダー男性らのカップルが同性婚訴訟で提訴へ》

Saori Ibuki / BuzzFeed

(※編集部で小見出しのみ加筆しています)


私たちは異性愛カップルです

私は、戸籍上の性別は女性ですが、身体違和があるトランスジェンダー男性です。

私は不妊にする手術(※編集部注:戸籍変更に必要な性別適合手術)をしていないため、戸籍の変更ができません。

私はパートナーのことを、異性として好きになりました。私たちは異性愛カップルです。

「健康な体にメスを入れるなんて」

大学生のころ、手術をして男性に戸籍変更したいと思っていましたが、「健康な体にメスをいれるなんてとんでもない」と親の理解は得られませんでした。

20年以上女子としてふるまい続けてきたため、親にしてみれば、私が突如トランスジェンダーだとカミングアウトしたことは受け入れられないことだったでしょう。

私は将来に希望が持てず、死んでしまいたいと何度も思いましたが、何とか生き延びることができ、今ここにいるパートナーと出会うことができました。

兄弟の結婚式で、両親は本当にうれしそうにしていました。しかし、私が女性と結婚すると言ったとき、同じようには喜んではくれませんでした。

でも私は両親を責める気にはなれません。両親は男尊女卑の色濃く残る田舎で生まれ育ち、多様な性のあり方や、戸籍上同性同士の結婚についての教育は受けていません。

ですから、トランスジェンダーであるわが子が戸籍上女性同士のカップルとして結婚することについて、素直に喜べなくても仕方なかったと思います。

それでも、パートナーを初めて実家に連れて帰ったとき、母はたくさん料理を作ってくれ、緊張しながらも、もてなしてくれました。

Saori Ibuki / BuzzFeed


「ここでも安全な場所は作れない」

先日、台風で川が氾濫するかもしれないという状況になり、避難所へ行くかどうかの選択に迫られました。

避難所にいったら、治療していない私は女性として扱われるでしょう。トイレはどうしようか、プライバシーの保てない空間で神経をすりへらしてしまうんじゃないか。

結局、避難所に行くことは諦めました。田舎では暮せなくて都会にでてきたのに、ここでも安全な場所は作れません。

日本社会が私を男性として、そして、我々カップルを夫婦と認めてくれたら、家族そろって社会の輪の中に入っていけるのです。

病める時も、健やかなる時も

トランスジェンダーである苦しさから、ときにパニックに陥ることがありますが、パートナーが支えてくれ、何とか気持ちを取り戻すことができます。

やめるときも・すこやかなるときも、一緒にいることを誓いました。

他の異性カップルと同じように私たちが夫婦であると認めてもらうことは、そんなに特別なことなんでしょうか。

国には、異性カップルなのに、戸籍上同性であるために婚姻できない我々としっかり向き合ってほしいと思います。