新型コロナウイルスの感染が世界に広がり続けるなか、予定通りに開催するか注目が集まっている東京オリンピック・パラリンピック。

安倍晋三首相が3月23日の参議院予算委員会で、選手と観客の安全面から、オリ・パラの延期もありうると答弁した。首相が公の場で五輪延期の可能性に触れるのは、初めてだ。

AFP=時事

3月20日、日本に到着した聖火


安倍首相は、東京五輪・パラリンピックで国際オリンピック委員会(IOC)が延期を含めた検討を始めたという報道についての佐藤正久氏(自民)の質問に答弁し、こう語った。

「新型コロナウイルスが世界的な広がりを見せるなか、東京五輪・パラリンピックはアスリートと観客が安全で安心できるものでなければならない。と同時に、国際社会が大変な悪影響を受ける中、世界がコロナウイルスに打ち勝ったあかしとして、規模を縮小せずに、完全なかたちで行いたい。中止はあり得ない、と考えてきた」

「その考えに則り、完全な形で行いたいと先日のG7会合で話し、首脳らから支持を得た。すべての国のアスリートが安全、安心に参加できるかたちで、規模を縮小せずに行いたい」

首相はこの胸を3月22日夜に東京五輪組織委員会の森喜朗会長に話し、森会長はそれをバッハIOC会長に伝えたという。IOC理事会はその後、開かれた。

「すべての関係者の健康を守り、新型コロナウイルスの封じ込めに協力するため、IOC理事会は4週間を目途に大会開幕日の変更を含めたシナリオ変更の検討に入った。これは私が申し上げた『完全な形での実施』という方針に沿うものであり、仮に困難な場合にはアスリートの皆さんを第一に考え、延期の判断も行わざるを得ないと考えている」

首相は、この答弁の最後に「IOCも中止は選択肢にない」と語り、IOC、日本側ともに五輪の延期は検討しても、中止する考えはないことを強調した。