神奈川県の黒岩祐治知事が3月26日、新型コロナウイルス感染症患者の治療に最前線であたる医療従事者を「コロナファイターズ」と命名した、と会見で述べた。

THE PAGE / Via youtu.be


黒岩知事は、新型コロナウイルス感染症患者の治療にあたる医療機関や、医師、看護師などが、偏見や風評被害に苦しんでいると指摘した。

その家族も被害に遭っており、医療従事者の子どもが託児所において受け入れを拒否されるといった事例もあるとし、こう述べた。

「今、医療崩壊が起きていないのは、医療従事者のみなさんが全力で新型コロナウイルス感染症と戦っているから。心から敬意を表したい。いわれのない差別や偏見は断じて許されない」

「医療従事者やその家族を応援する機運を高めていく必要がある。そこで、全力でコロナウイルスと闘う医療従事者を『コロナファイター』という言い方をする」

さらに、黒岩知事は、県を挙げてコロナファイターの人たち「コロナファイターズ」にエールを送るキャンペーンを展開すると発表した。

THE PAGE / Via youtu.be


具体的には、SNSなどで「コロナファイターズ」に感謝のメッセージを投稿し、「がんばれ!!コロナファイターズ」とエールを送って拡散してほしい、と呼びかけた。

「一緒に医療従事者、コロナファイターズを応援しましょう。みなさんのご参加を心よりお待ちしています」

神奈川県 / Via pref.kanagawa.jp


黒岩知事は「県民一体となって戦うシンボルとしていきたい」との思いを持った、キャンペーンの一環を続けて紹介した。

「この戦いに協力してくれる、全ての企業、団体、個人のために『がんばれ!コロナファイターズ』のステッカーを作成いたしました」

「コロナファイターズの話は非常に重要。医療体制を支えるのは、みなさんのご理解です。医療崩壊が進まないために、(感染症に)立ち向かっていくんだという思いを共有するしかない。県としてコロナファイターズの動画、ステッカーを展開しながら、みんなで思いを広げていく。徹底してやっていきたい」

ステッカーは、県のホームページにアップされ、誰でもダウンロードし、自由に使うことが可能だという。

この会見後、Twitterでは「コロナファイター」がトレンド入り。「神奈川県知事が突然コロナファイターというパワーワードを言い出す」「コロナファイター!!! \\\\٩( 'ω' )و ////」などと多くの投稿がされている。

神奈川県 / Via pref.kanagawa.jp


会見は、新型コロナウイルスの感染拡大の回避に向けた、東京都による対応を受けて開かれた。小池百合子知事は3月25日、都民に対し、今週末の外出自粛要請をしていた。

小池知事と電話で連絡を取ったという黒岩知事は、「(県内の)感染拡大のスピードをなんとか抑制できている」としたが、「ある時、突然、爆発的に患者が増大するオーバーシュートが起きる可能性は否定できない」と述べた。

そのうえで、県民に次の要請をした。

・「密閉」「密接」「密集」を避けた行動を

・不要不急の外出を控え、仕事を自宅でできるよう工夫を

・人の集まるイベントの延期や中止、開催方法の工夫の検討を

・(特に)今週末の不要不急の外出自粛を

要請は「当面の間」だとし、「感染拡大を食い止めるには、今の時期が非常に重要で、ご理解とご協力をお願いします。県も県民も一体となって乗り越えたい」と語った。

また、東京都の対応を受け、埼玉県は、今週末の不要不急の外出を控えるよう県民に呼びかけ、千葉県は、今週末の東京都への外出自粛を県民に要請した。

県境を越えた人の移動が激しい首都圏で、一都三県が外出の自粛要請で足並みをそろえた。

なお、ホームページでは、黒岩知事が「がんばれ!!コロナファイターズ」と医療従事者にエールを送る動画を閲覧することができる。

神奈川県 / Via youtu.be