ヘルシーでおいしい野菜チップスをおうちで量産できる、すごいやつ見つけました…!!

Asami Togi / BuzzFeed

じゃがいもやかぼちゃ、レンコンなどをおいしいチップスにできちゃうんです。

油を調味料も使わないのでとってもヘルシー!


使ったのはコレ「チン!してチップス」です

Asami Togi / BuzzFeed

Amazonで787円で売ってました。


中に入ってるのは、スライサー、ホルダー、受け容器にチップスメーカー

Asami Togi / BuzzFeed

これだけでおいしいチップスが作れちゃうんです。


まずはポテトチップスを作ってみます!

Asami Togi / BuzzFeed

じゃがいもは皮付きでもOKです。


受け容器にスライサーをのせ、ホルダーを使ってじゃがいもをスライスします

Asami Togi / BuzzFeed

このスライサーとホルダーがめっちゃ使いやすくて、するするっとじゃがいもをスライスできちゃいます。


あっという間に厚さ1〜2mmのじゃがいもスライスに

Asami Togi / BuzzFeed

ホルダーのおかげでじゃがいも全体に均一に力を加えられ、きれいなスライスになりました。


スライスしたじゃがいもをチップスメーカーに並べます

Asami Togi / BuzzFeed

60gか100gか、食べたい量を並べていきます。


並べ終わったら、レンジで数分加熱します

Asami Togi / BuzzFeed

60gなら約4分、100gなら約7分温めます。


はい、完成です!

Asami Togi / BuzzFeed

手作りのポテトチップスが出来上がりました。


カリッと食感。じゃがいも本来の甘みがおいしい…!

Asami Togi / BuzzFeed

油も塩も付けてないので、じゃがいも素材の味を楽しめます。

噛めば噛むほどじゃがいもの甘さがにじみ出てクセになります。つい食べ続けてしまう……。

塩味を付けたいときは、じゃがいもをスライスしたあと塩水につけてからレンチンしてください。ほんのりしょっぱくなります。


かぼちゃもレンチンしてみました

Asami Togi / BuzzFeed

かぼちゃは硬すぎてスライサーが使えません。包丁で薄切りにしましょう。


ちょっとスカスカしてるけど…ヘルシーおやつとしては十分なおいしさ

Asami Togi / BuzzFeed

かぼちゃの甘さがよく効いていておいしいです。

かぼちゃの種類によってはスカスカしてないチップスができるかもしれません。


個人的におすすめなのは、長いもチップス!

Asami Togi / BuzzFeed

「え、これどっかに売ってるやつじゃ…?」って思ってしまうほどおいしく仕上がりました。


サクッとしてるけど、長いも特有のねばりけが残ってます

Asami Togi / BuzzFeed

口に入れた瞬間はサクッとしてますが、噛んでいるうちに長いものしっとりした粘り気が口いっぱいに広がります。なんとも味わい深い……。

じゃがいもよりも味が濃いので、これはぜひとも塩なしで食べてほしい!


お子さんやペットのおやつにもぴったりです!

Asami Togi / BuzzFeed

メーカーの曙産業さんによれば、お子さんのいる家庭に大人気で、「孫と一緒に作りたい」と祖父母の方からの問い合わせも多いそう。

「油分の摂取量制限がある病気のお子さんに、今まで縁のなかったポテトチップスを食べさせることができた、と感動のお手紙をいただくこともありました」とのこと。

これなら小さなお子さんやペットも安心して食べられますね。