マシュマロって焼いたら美味しいじゃないですか。

これはみなさん、ご存知ですよね。

じゃあ…


トーストにしても美味しいって知ってました?

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

思いつきそうで、思いつかなかったこのタッグ。

フジパンの公式サイトで発見したその日に、スーパーへ走りました。

作り方を簡単にご紹介します。


アルミホイルを敷き、まず、片面だけを焼きます。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

最初に焼いた面にマシュマロが乗ります。


お好みのジャムを塗ります。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

マシュマロの味だけだと少し寂しいためです。

私ははちみつを塗りました。


配置します。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

隙間なく並べてあげると、焼きあがった時にくっついて可愛いです。


焦げないように見守ります。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

火力は中火〜強火でいいと思います。

キツネ色になってから焦げるまでのスピードが早いのでご注意を!

お好みのタイミングで取り出せば完成です。


“温かいソフトクリーム”みたいな味。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

マシュマロを単体で焼く時とは違った味わいになります。

トーストでじっくり火入れするためか、より中がトロトロに。

“温かいソフトクリーム”を食パンにのせて食べている…そんな新しいスイーツが誕生しました。


せっかくなので…

色んなマシュマロで試してみました。


・チョコマシュマロ

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

美味しくないわけがないですね。

ちょっと贅沢な3時のおやつに良さそう。


・いちごマシュマロ

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

中のイチゴシロップが溶け出して、あまあまスイーツに。


・ブルーベリーマシュマロ

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

これがハズレでした…!

使用したブルーベリーマシュマロは、ガムのようなメンソール感があり、パンとの相性がイマイチでした。


「オーブン持ってないよ!」って方…


電子レンジでもできました。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

600Wで1分も加熱すればモコモコになります。


焦げ目はつきませんが、味はトースターと変わりません。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

ただ、あまりにトロトロで手につきやすく、食べるのが難しい。


食べきれなくて、固くなってしまったトーストも…

Tomoya Kosugi/BuzzFeed


レンジで復活!

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

思いの外、膨らむのが早いので注意して見守りましょう。


3時のおやつに。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

お子さんと作る場合、オーブンの熱には十分注意してください。