座り方で猫の気持ちが分かる?猫のお座りポーズのヒミツ

座り方で猫の気持ちが分かる?猫のお座りポーズのヒミツ

日常生活で猫がとる何気ないポーズ「座る」。犬のオスワリのように座っていたり、床に足を伸ばして座っていたりと、猫はさまざまな体勢で座っています。
実は、そんな猫の「座る」ポーズからは、猫の気持ちを読み取ることができるのです……!

猫の「正座」は期待の表れ!?


上の写真のように、猫が前足をたてて上体を起こして座ることを「正座」と呼びます。一部の猫好きさんの間では、「お嬢様座り」とも呼ばれているのだとか。
この座り方は「何かいいことがあるかも」と、期待して待っているときに見られるといいます。
しかし、前足をはって背筋を伸ばしているので、猫にとってはやや疲れるポーズなのだそうです。

正座+前足ふわり

正座の体勢に加えて、もし片方の前足がふわっと上げているようなら、それはちょっとした緊張状態。正座の体勢よりも、逃げたり猫パンチを出したりと、アクションを起こしやすいポーズをとりつつ、相手の出方を見ているのです。

正座+しっぽ巻き

正座をしながら足にしっぽをくるりと巻き付けているときも、やや緊張感が高めだといわれています。しっぽの位置を体に巻き付けて確認することで、踏まれたりしないようにしているのだとか。

正座+首傾げ

やや上を見て首をかしげながら正座をしているときは、視線の先に猫にとって気になるものがあるのかも。首の角度を変えることで気になるものをじっくりと観察し、それが何かを確かめようとしているのでしょう。

猫の「横座り」は楽だから!?


片方の体の側面を床につけて、足を投げ出してころーんと転がっている「横座り」。
この状態のとき、猫の足やしっぽ、胴体からは力が抜けています。周囲を見渡しながら休めるので、猫にとっては一番楽な姿勢なのだそうです。
猫科にはよく見られる休憩のポーズで、ライオンやチーターなどもこのポーズをとるのだとか。

猫の「スフィンクス座り」は「正座」と似ている!?


「スフィンクス座り」は、「ライオンさん」ともよばれる座り方で、正座のときと似たような気持ちの表れだといわれています。

ただ、正座よりは楽な姿勢で、「何かいいことや、おもしろいことが起こるのでは?」と休みながら何かを待っているときに見られる座り方なのだとか。また、両前足が前に投げ出されているので、気になることがあったらすぐに動ける体勢でもあります。何気ない「座る」というしぐさからでも、猫のさまざまな気持ちや生態が見えてきます。それを把握しておけば、猫とより親密なコミュニケーションをとることもできるでしょう。

愛猫がどんな座り方をしているのか、ぜひ注目してみてくださいね!

参考/「ねこのきもち」2019年4月号『どうしてするの?どんな気持ち?We Love ニャンポーズ』(監修:哺乳動物学者 「ねこの博物館」館長 日本動物科学研究所所長 今泉忠明先生)
文/kagio
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。


関連記事

おすすめ情報

ねこのきもち WEB MAGAZINEの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索