猫の体に悪影響!? 香水やアロマを使用してはいけない理由

猫の体に悪影響!? 香水やアロマを使用してはいけない理由

猫がいる空間で香水やアロマを使用することは基本的にNGです。しかし、なぜ猫の近くで香水やアロマを使用してはいけないのでしょうか。

今回は、ねこのきもち獣医師相談室の先生にお話をうかがい、その理由を探ります。

猫の嗅覚はどのくらい優れている?


犬の嗅覚は人の100万倍ほどといわれていますが、猫も人の20万から30万倍の嗅覚を持っているといわれています。犬ほどではありませんが、人よりは嗅覚がはるかに優れているといえるでしょう。

香水・アロマに関しては、猫が本能的に避けることもありますが、ニオイそのものの問題というよりは、後述する理由から「危険なもの」「避けるもの」という意識を持っておいたほうがよさそうです。

香水やアロマが危険といわれる理由


猫の肝臓の代謝機能は、犬や人とは少し異なることがわかっています。肝臓の重要な役割のひとつに“解毒”があり、この働きによって体に有害な物質を無害に変化させています。

しかし、猫の肝臓には重要な解毒機構のひとつである“グルクロン酸抱合”がなく、そのため精油や植物に毒性が出てしまうのです。

長期的なデータがないため、わからないことも多い


猫に精油を長期的に使用した研究やデータがないため、まだ科学的に解明されていないことも多いです。そのため、理論的に問題がないといわれている精油でも、今後猫に対する毒性が出てくる可能性はあります。

現段階でいえることは、猫がいる環境でアロマを炊いたり、香りのあるものを使用したりするのは避けたほうがよいということでしょう。どうしても使用が必要な場合は、猫が誤って触れないよう厳重に管理し、「使用の頻度を減らす」「猫がいる部屋では使用しない」「よく換気をする」などの対策をとって、猫が触れる機会を減らすようにしましょう。

芳香剤などのニオイがするものも避けるべき?


衣類や住居用の芳香剤も、香水やアロマと同じと考えてよいでしょう。ほかには洗剤や柔軟剤、シャンプー、消臭剤などにも香料の一部に危険な成分が含まれているものがあるので、使用前は必ず成分を確認し、極力猫用のものなどを使用するようにしましょう。香水やアロマが猫にダメな理由は、ニオイが強すぎるからではなく、猫にとって危険な成分があるからだったのですね。もしご家庭で香水やアロマを使用していたら、使い方や使用する場所を考えたほうがよいかもしれません。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)

取材・文/こさきはな
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。


関連記事

おすすめ情報

ねこのきもち WEB MAGAZINEの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る