信頼関係がないと無理!? 猫が「添い寝」をしてくる心理

信頼関係がないと無理!? 猫が「添い寝」をしてくる心理

猫がそばに来て、添い寝をしてくれたという経験はありますか? 思わず嬉しくなってしまう猫の添い寝ですが、どんな人に対してもするものではないようです。この記事では、猫が添い寝をしてくる心理について、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

猫が添い寝をしてくる心理


本来、警戒心の強い猫はなるべく誰にも知られないような場所で寝るのですが、飼い主さんと一緒に寝たがるコもいます。そういう猫は甘えん坊で、かつ飼い主さんとの信頼関係が深いといえるでしょう。

猫が添い寝をしたがるのは、飼い主さんのそばで安心して眠りたいという心理が考えられます。添い寝してきたら優しく撫でてあげたり、声をかけてあげると喜ぶでしょう。

寒いときだけ添い寝したい猫も

寒い冬の時期だけ添い寝をしてくる猫は、あたたかい飼い主さんと一緒に寝たいという気持ちがあると考えられますね。

飼い主さんの足の間で眠るのが好きな猫の心理


猫によっては、飼い主さんの足の間で寝るのが安心できて好きなコもいるようです。

警戒心の強い猫は、信頼できる人にしか密着しません。足の間で寝るということは、体を密着させて、しかも無防備になるので、飼い主さんを信頼している証拠といえるでしょう。

飼い主さんの足の間で眠るのは「あまり構わないで」の意味も?

しかしながら、足の間は飼い主さんの顔や手からは少し離れている、と猫は思っているようです。つまり、「飼い主さんとは一緒にいたいけど、あまり構ってほしくない。静かに寝ていたい」と思っている可能性もありそうです。

より信頼度が高い猫の寝方3つ


ちなみに、「この寝方だと飼い主さんへの信頼度がもっと高い」という寝方があります。それは、以下の3つ。

寝るときに飼い主さんの顔の近くで寝る
 → 子猫が親猫にするように「寄り添って安心したい」「甘えたい」という気持ちが強い。

飼い主さんの布団の中に入って寝る
 → 警戒心が少なく、寄り添っていたい気持ちが強い。

お尻をそっとくっつけて寝る
 → 安心できる相手にしかお尻は向けない。

ぜひ覚えておいてくださいね。

「飼い主さんと一緒に寝たい!」の猫のサイン


飼い主さんと寝たがっている猫は、サインを発していることがあります。たとえば……

・飼い主さんをじーっと見つめる
・飼い主さんの後をトコトコとついて歩く
・飼い主さんに向かって鳴いてアピールする

このようなサインを見せることが多いようです。

猫と一緒に寝るときに飼い主さんが注意したいこと


猫と一緒に寝るときは、誤って踏んでしまってケガをさせないように注意してください。また、人も猫に気を遣いすぎて体が痛くなってしまったり、寝不足になってしまうこともあるので工夫をして寝るとよいでしょう。

もちろん、猫側もノミやダニの予防などをしっかりすることや、健康状態にも気をつけてあげましょうね。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/nekomam


関連記事

おすすめ情報

ねこのきもち WEB MAGAZINEの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る