高い声でなく愛猫は何を思っているの?鳴き声コミュニケーション

本来はあまり鳴かない?猫の鳴き声が発達したワケ


猫を飼って初めて分かることはたくさんありますが、鳴き声のバリエーションが豊富なことにも驚きませんか?
高い声から低い声まで、また長く鳴いてみたり人がしゃべるように短く鳴いてみたり、意外にも猫はおしゃべりさんですよね。

そんなおしゃべりさんなイメージが強い猫ですが、単独行動を取っていた野生時代はあまり鳴くことはなかったそうです。人間に飼われるようになり、「ごはんちょうだい!」などのコミュニケーションを取らなくてはならなくなったため、鳴き声で気持ちを伝えるという能力が自然と発達したと言われています。

猫たちは発声するときに力を加減することで高さを調節しています。そのため、鳴き声の高さには猫の気持ちがはっきりと表れているのです。

ソプラノで鳴くとき、愛猫はこう思っている!


猫の鳴き声は、ソプラノ・アルト・バスと表現できるような3つの高さがあります。
その中で、普段よりも高い鳴き声「ソプラノ」で鳴いているとき、愛猫はこんなことを思っています。

1. 不安な気持ち・甘えたい
2. すごく興奮している
3. 信頼している
4. 不満がたまっている

ちなみに、アルトで鳴くときは平常心でいるとき、バスで鳴くときは強い主張があるときです。

〇〇な鳴き方をする愛猫はどんな気持ち?


高い声で鳴くといっても、その鳴き方は様々。〇〇な鳴き方のときは、どんな気持ちなのでしょうか?

高い声で「ニャオーン」と鳴いているとき

この鳴き方のときは、飼い主さんの姿が見えなくなるなどによって、不安を感じている場合が多いようです。同様に「ウミャーウミャー」と鳴き続けるときは、不安で「助けて〜」と言っていることもあります。

「ニャーニャー」と鳴き続けるとき

この鳴き方は、「甘えたいよ〜」のサイン。頑張って高い声を出して、飼い主さんの気を引こうとしているのですね。そう思うといつも以上にかわいく感じますね。

「キャーキャー」と聞こえるくらいの高い声

この鳴き方は、ものすごく興奮している状態を表しています。大好きなものを見つけたなど、気持ちがマックスまで高まっているのかもしれませんね。他にも、誰か特定の人に呼ばれたときにだけ「ウニャー」と高めの声で返事をしているなら、その人のことを大好きで信頼している気持ちの現れ。甘えたいという気持ちもあってこんな声で鳴いているのでしょうね。

また、夜に行ったり来たりしながら「アオーン」と鳴いていたら、「もっと遊びたいよ!」と欲求不満になっているのかもしれません。そんなときは愛猫の相手をしてあげましょう。しかし、気をつけたいのが老猫がこの鳴き方をしているとき。あまりないことですが認知症の可能性もありますので、気になるときには獣医さんに相談してみましょう。

高い声を出すのは人に気持ちを伝えたいから!


猫はもともと声を張るような鳴き方はしない動物です。それにも関わらず高い声を出そうとわざわざ力を入れて鳴くのは、「かまってよ〜」「甘えさせて!」と訴えたいから。鳴き声から愛猫の気持ちを察知し、より愛猫とのコミュニケーションを円滑にしましょう。

出典/「ねこのきもち」2016年10月号『サウンドオブ「ミャー」ジック』(監修:帝京科学大学助教 動物看護師 小野寺 温先生)
文/maya
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

関連記事

おすすめ情報

ねこのきもち WEB MAGAZINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索