政府猫界の仲裁役?イギリス大蔵省に勤務する猫「グラッドストーン」

ネズミ捕獲長に就任した「ぐらっどストーン」



イギリスの政府機関には、「ネズミ捕獲長」として猫を雇用している省庁がいくつかあります。首相官邸、外務省に続き、3ヶ所目に猫を雇用したのが「大蔵省」。

2016年の夏に、1歳半のオス猫「グラッドストーン」がネズミ捕獲長に就任しました。

Twitter(@BuzzFeedUK)より
> IMPAWTANT @BuzzFeedUK EXCLUSIVE!!! The Treasury has a cat and he’s called Gladstone
> 2016年7月29日 - 18:14

元野良猫のグラッドストーン、いまでは大蔵省の癒し猫に!


グラッドストーンは、もとは野良猫として施設に保護されていた猫。全身真っ黒な猫で、赤地に白の水玉模様の蝶ネクタイをしているのが印象的です。

Twitter(@HMTreasuryCat)より
> Well the cat's out of the bag now (excuse the pun). Guess you can let me out; gots mice to catch!
> 2016年7月29日 - 18:44

過去のインタビューを読むと、なんでも施設にいたころは、その「食べっぷり」が誰よりも早かったといいます。

英大手新聞ガーディアン紙が報じたところによると、現在は大蔵省の職員のみなさんのポケットマネーで、食費と生活費が賄われているんだとか!

大蔵省内を行き来している様子を見ることも…


イギリスのYouTube報道局「On Demand News」の動画では、グラッドストーンが自由に大蔵省内を行き来している様子を見ることができます。

暖炉の上の胸像の下も通ってしまうとは、恐れ知らず……!

会議室も優雅に闊歩するぐらっどストーン


会議室という一見重苦しそうな空間も、グラッドストーンが尻尾を揺らして歩くだけで一気に和みます。

政府猫界の「仲裁役」への期待も

グラッドストーンの先輩にあたる、首相官邸の猫・ラリーと外務省の猫・パーマストンの2匹は、猫パンチの応酬による“深刻な闘い”の経験があるほど仲が悪いことで知られています。

そこで、イギリスの霞ヶ関・ホワイトホールの第三の猫となったグラッドストーンには、そんな猫社会の平和を守る存在になることが期待されているのです。

参照/Twitter(@HMTreasuryCat、@BuzzFeedUK)
YouTube(Gladstone the cat becomes 'chief mouser' for the Treasury)
文/原田真帆

関連記事

おすすめ情報

ねこのきもち WEB MAGAZINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索