眠いだけじゃなかった!猫の「あくび」に関する3つのフシギ

「あくび」は眠いときだけ!…ではない?


犬歯を見せながら、小さな口を大きく開ける猫のあくび。ふだんと違う表情なので、見かけるとうれしくなることもありますよね。
でも、ここでちょっとした疑問が。猫って、眠いとき以外にもあくびをしているような気が……?

この記事では、そんな猫のあくびに関する3つのフシギについて解説します!

Q1.猫があくびをするのはどんなとき?


A.睡眠前後にしたり、気分転換のためにすることも。

あくびの役割は、一度に大量の酸素を体内にとり込むこと。猫の場合は睡眠の前後にすることが多く、とくに目覚めた直後にストレッチしながらあくびをします。

また、退屈しているときに気分転換のためにしたり、気に入らないことがあったときに、気を紛らわせようとしてすることもあるのだとか。

Q2.人を見ながら、あくびの延長で鳴くことが。どうして?


A.あくびをしながら鳴いたら、飼い主さんが反応したのを覚えているのかも!

あくびの最後に、声を出すニャンコもいるようですね。くわしくはわかっていませんが、もし飼い主さんを見ながらするなら、アピールしている可能性も!

たとえば、あくびをすると飼い主さんが反応してくれたり、鳴くと応えてくれることがわかっていて、「あくび」と「鳴く」をセットでしているのかもしれません。

Q3.猫も、ほかの人や猫のあくびがうつる?


A.する猫もいるようですが、人の理由とは異なるでしょう。

人の場合、好意や親近感をもっている相手のあくびがうつりやすいことが、複数の実験でわかっています。

飼い主さんのあくびにつられてする猫もいるようですが、これは「あくびをしたら飼い主さんが喜んでくれた」という経験から学習した可能性が高いでしょう。
また、猫もそのとき眠いと感じていたのかもしれませんね。

以上、猫のあくびに関するフシギでした! 眠いだけじゃないなんて、ビックリですよね。
愛猫があくびをしているのを目撃したとき、どんな気持ちでしているのか考えてみてください♪

参考/「ねこのきもち」2016年4月号『「寝るのがシゴト」の猫あるあるを解説 とろりん猫のフシギ』
文/Honoka
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

関連記事

おすすめ情報

ねこのきもち WEB MAGAZINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索